ビットコインのアカウント開設と購入

ビットコインや主要の仮想通貨の購入先、購入方法は?
という仮想通貨、ビットコインを始めて購入する方に、ビットコインの取引所、販売所、ビットコインATM を紹介します。

 

ビットコインの購入方法には、取引所、販売所の購入とOTC 取引と言う方法があります。

 

ビットコイン取引所、販売所

まず、ビットコインの購入でほとんどの方が利用する方法として仲介業者を通して購入する方法です。株取引で言うところの証券会社の様な役割です。
ビットコインの取引所、販売所にアカウントを作り、そこでビットコインの取引、購入する方法です。ビットコインは、値動きが激しく、値幅で利益を上げるトレードをする人が増加しています。
ビットコインの販売所や取引所では、その時のレートで購入します。

 

ほとんどの方が、ビットコインの購入に利用しているが、ビットコインの取引所、販売所です。主に利用されているビットコインの取引所にビットフライヤーやコインチェックなどが挙げられます。仮想通貨の過熱で取引所も増加していますが、あまりマイナーなビットコイン取引所を利用することはおすすめできません。

 

ビットコイン取引所選びは重要

ビットコインの取引、トレードを始めるのであれば、アカウント開設する取引所は重要です。
まだ、仮想通貨の取引は年数も浅く、取引が急激に加熱しています。ビットコインの取引所も急激に増加したと言えます。
株やFXなどの取引きの際には手数料など重要な要素になりますが、仮想通貨、ビットコインなども手数料が安い取引所を選ぶことも重要な要素になりますが、それ以上にその取引所が信頼できるかは重要です。

 

もし、仮想通貨が大暴落した際に仮想通貨の取引所の倒産や取引停止なども考えられなくもありません。またサーバー攻撃などでのアカウントの停止や取引停止、データーの喪失なども考えられなくもありません。
また、サーバーが不安定な取引所の場合、注文が多くなることでサーバーダウンのリスクなども付きまといます。

 

上記なリスクを少しでも軽減することは、仮想塚取引、ビットコイン取引であなたが出来ることだと思います。

 

まずは、ビットコインの取引の際に選ぶべき取引所を当サイトでも紹介しています。
主に、当サイトがおすすめしているビットコイン取引所は下記を重視しました。

ビットコインの取引所選びの際には、資本金や出資先などを注目
取引ツール、取引がしやすく、サーバーダウンなどのリスクが少ない
資本金、出資先も安心できるレベル
アカウントの開設、セキュリティーレベルが高い
コイン送金がスムーズ、早い
ビットコインの取引数が多い

 

上記を踏まえて、当サイトがおすすめするのがビットフライヤーです。

理由は

資本金41億円、大手銀行や損害保険会社が出資
取引ツールが使いやすい、ビットコインの購入が簡単
アカウントの開設が簡単
コインの送金がスムーズで早い
日本国内でのビットコイン取引数NO1

 

はじめてビットコインを取引する人は、安心できる取引所と取引が簡単に出来ることは重要な要素になります。

 

ビットフライヤーならどちらも満足できるビットコイン取引所ですので、是非この機会に開設して仮想通貨バブルを体験してください。

 

  

 

ビットコインの購入(ビットフライヤー)

ビットコインの購入方法としては取引所での購入とOTCという方法があります。後者は個人売買でビットコインを持っている知人などから購入する方法です。投資としての要素は少ない取引、購入方法です。

 

ここでは、ビットコインを取引所での購入方法を紹介していきたいと思います。ビットコインの取引所の中でも比較的購入が簡単なビットフライヤーでの購入方法を紹介していきます。

 

ビットフライヤーにアカウントの登録が必要です。この際、証券会社などのように審査や時間はほとんどかかりません。
ビットフライヤ^の公式サイトで登録すればアカウント登録が完了します。
この際のビットコイン口座(アドレス)も同時に開設しています。

 

ビットコイン口座=ビットコインアドレス

 

ビットコインアドレスの仕組みはまた書きます。
ここでは、ビットコインの購入方法を紹介していきます。

 

ビットフライヤーへの登録方法は
・メールアドレス
・Facebookのアカウント
・Yahoo!IDのアカウント
・Googleのアカウント
でアカウントを制作できます。

 

メールアドレスでアカウント制作した場合、登録メールにキーワードが届くのでビットフライヤーの公式ページでキーワードを入力すればアカウント登録が完了です。

 

これでビットコイン口座が開設されています。簡単すぎて驚かれると思いますが、これでビットコインの取引、購入が可能になっています。

 

ビットフライヤーの場合、アカウントクラスが導入されています。

 

ウォレットクラスとトレードクラスの2つです。

 

ビットコインの取引、購入するためにはトレードクラスにアップグレードする必要があります。
アップグレード方法は、本人確認書類の受け取りですが、これもネット上で済むので難しくありません。
銀行口座の登録、認証が済めばトレードクラスになります。

 

トレードクラスのグレードアップできれば、後は入金してビットコインを購入するだけです。

 

ここでビットコインの購入方法が2つあることに注意してください。
販売所での購入
取引所での購入

 

この2つの購入方法には違いがあります。
ここでは、取引所でのビットコイン購入方法を紹介します。

 

ビットフライヤーの場合、サイドバーに販売所と取引所を選ぶバナーがあります。
取引所を選べば、ビットコインの購入可能で今現在のビットコインの価格が出てきます。
ビットコインの買価格と売り価格が注文板で知ることが出来るので、売り価格での購入が可能になります。

 

ここで疑問が出てくると思います。ビットコインが購入可能な単価ですね!1ビットコインからでは購入が難しい方も多いと思いますが、ご安心ください。
ビットコインも過熱し過ぎて、1ビットコインが150万円から200万円前後で取引されています。

 

ビットコインの最低購入数は0.01ビットコインです。1/100ビットコインです。1BTCが150万円なら1万5000円から購入可能になります。

 

ビットフライヤーでのビットコインの購入は、比較的簡単に出来ます。初めての仮想通貨購入なら国内仮想通貨のビットフライヤーから始めてみてはいかがでしょうか?

 

また、デイトレードやレバレッジを聞かせて投資したい方は、サイドバーのbitFlyer Lghtningで入出金から証拠金口座にお金を移すことで最大15倍までのレバレッジで取引することが可能になります。

 

 

 

ビットコイン入門

ビットコインや仮想通貨、暗号通貨が話題になるにつれ、興味が出てきた方も多いのではないでしょうか?
知人やネットなどの情報で100万円が10倍、20倍などになったなどを聞くと自分もビットコインを買ってしようかねと思われている方も多いかもしれませんが、株やFXの経験がある方なら仮想通貨取引所(ビットフライヤー、コインチェック)のアカウントを作り、サイトの説明で売買の方法もある程度分かる方も多いかもしてませんが、仮想通貨の売買には興味はあるけど、アカウントを作って入金して購入、売却までの流れが分からずに、諦める方も多いと思います。

 

そこで当サイトでは、ビットコインの購入に焦点を当て、国内仮想通貨販売所、取引所でのビットコインの売買方法をわかり易く紹介しています。

 

まず、ビットコインや仮想通貨を購入する際に利用する販売所、取引所への登録が必要です。
有名とことでは、ビットフライヤー、コインチェック、ザイフなどが挙げられます。

 

当サイトでは管理人も利用するビットフライヤーについて進めていきます。
ビットフライヤーの登録は、上記のも書きましたが
・メールアドレス
・Facebookのアカウント
・Yahoo!IDのアカウント
・Googleのアカウント

どれか1つで作ることが出来ます。

 

アカウントの登録後は、個人情報の登録と本人確認書類の提出です。本人確認の提出は運転免許証、保険証、パスポートなどの身分証明書の提出が必要ですが、提出も身分証明書の写真をアップロードするだけでOKです。免許証の低質の際には表裏の写真の提出になります。お忘れなく!
投資としてビットコインの売買をお考えの方がほとんどだと思いますので、ビットフライヤーではウォレットクラスとトレードクラスの分けられています。
ビットコイン投資ならトレードクラスの開設が必要ですので上記の手続きが必須になります。
登録が済めば、後は承認を待つだけです。時期や登録者数の増減にもよりますが、少し時間が掛かっているようです。

 

次に、デイトレードなど短期売買の際のレバレッジを掛けたい方も多いと思います。ビットフライヤーでは3倍から最大15倍までのレバレッジが可能です、15倍のレバレッジ利用には銀行口座の登録が必要になります。

 

以上でビットフライヤーへの登録は完了です、反映されるまでお待ちください。

 

ビットフライヤーでの売買が可能になったのであれば、取引を始めてみましょう!まずは口座への入金です、指定の銀行口座がアカウントごとに開設されています。指定された口座に入金すればビットコインの購入が可能になります。

 

ここで、問題なのがビットフライヤーでのビットコインの購入には販売所での購入と取引所での購入があります。
デイトレードや短期売買なら取引所での売買になります。
ビットフライヤーのマイページのサイドバー(左にバナー)のビットコインの取引所を開いてみましょう!
取引されている売買の板が出てきます。
Ask売り、Bid買いで数字が前後しています。ビットコインを買いたい場合はAskの金額で買う事が出来ます。
取引単価は、0.001BTCです。

 

以上がビットフライヤーのアカウント開設からビットコインの購入、売買までの流れです。

 

仮想通貨はこれから市場の拡大が予想されています。加熱傾向にありますが、ビットコインは日本国内でも利用可能な店舗も増えていることからも相場は上下しながらも上昇傾向になります。
投資として考えるのであれば楽しみのある投資先だともいます。

 

始めるのが遅いと言われる方も多いようですが、値動きがあるビットコインの投資は利ザヤを取りやすいのでデイトレードや短期売買には魅力が有ると言えるでしょう!

 

何事のまじめるのが遅いという事はありません、あなたが興味を持った時が始めるチャンスだと言えます。
加熱する仮想通貨に飛び込んでみませんか?
やるかやらないかでは将来の後悔が違ってくると思います。
リスクをとれる範囲で始めてみて、ビットコインの売買などに慣れてくれば金額を挙げていくなど自分に合った投資方法を見つければ仮想通貨売買は楽しみがあります。

 

365日24時間取引できるので、空き時間に取引が出来るのもビットフライヤーでのビットコイン売買の魅力でもあります。サラリーマンなら夜間売買も出来るでの株取引のように不利を感じることもありません。

 

24時間取引できるビットコインの取引は、好きな時間に取引が可能ですのでデイトレードや短期売買には向いていると思います。
ビットコインの購入、売買におすすめなのが、日本語でわかり易いビットフライヤーです。

 

 

 

ビットフライヤー以外のおすすめビットコイン取引所

ビットコインの購入や売買の際に必要なことがビットコインを取引できる取引所へのアカウントの登録です。
日本語でわかり易く、はじめての仮想通貨、ビットコインの取引も簡単に出来ることが重要だと思います。

 

ビットコインを買いたい、取引したいと思われている方でもアカウントの登録での段階で諦める方も少なくないですね!
ビットフライヤーは日本語でわかり易くビットコイン初心者でも安心してご利用頂けると思いますが、他にもビットコインの取引でおすすめの取引所としてコインチェック、ザイフなどが挙げられます。

 

ビットフライヤー以外でおすすめのビットコイン取引所としてはコインチェックが良いとも思います。
アカウントの登録も簡単で、確認、承認までの時間も短く早くビットコインの取引を始めることが出来ます。

 

 

 

 

 

ビットフライヤーFX

ビットコインでデイトレードなど短期売買で利益を上げることをお考えならレバレッジが利用できるビットフライヤーFXの利用が必要だと思います。
ビットフライヤーFXは、1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍のレバレッジを選んで利用できます。

 

ビットフライヤーFXを利用するためには、銀行口座の登録が必要ですが、銀行口座の登録をすることでビットフライヤーFXの利用が可能です。
ビットコインを投資目的で始める方は銀行口座の登録はしますよね!利益が出れば引き出しも必要ですからね!入金も銀行口座からする方が大半ではないでしょうか!

 

ビットフライヤーFXは、ビットフライヤに登録後に銀行口座の取る億を済ませ、確認、認証されれば利用が可能になります。

 

ビットフライヤーFXへの入金

ビットフライヤーFXへの入金方法ですが、ビットフライヤーに入金後、bitFlyer LghtningというサイドバーにあるバナーからビットフライヤーFXのトレード画面から左上の設定で入出金を選び

 

「証拠金口座へ預入れる」にお金を移せばビットフライヤーFXの利用が可能になります。

 


入金が済んだらレバレッジの設定画面、先ほどの入出金の下に設定がありますのでレバレッジ設定で選ぶことが出来ます。

 

 

これで、ビットフライヤーFXの取引が可能です。ビットフライヤーFXの板の価格は現物のビットコインよりも高くなっています。
同じ相場での売却ですので現物よりも高くても問題はありません。

 

ただ、レバレッジを10倍、15倍で取引される際には細心の注意が必要です。ビットコインの取引所は急な下落などの際に、売りたい価格で売ることが出来ない事があります。強制決済もかなり下の方で約定することもありますので予想以上の損失になることも理解の上で資産に合わせた取引をしてください。

 

 

ビットフライヤーFXの取引

ビットフライヤーFXの購入などは、bitFlyer Lghtningで行います。ビットフライヤーへの登録がお済の方はビットフライヤーのログインページにアクセツしてサイドバーのbitFlyer Lghtningを開いてください。
チャート、ビットコインの板の横に売り、買いがあります。こちらに購入数と金額を入力して買いまたは売り注文を行います。
ロング、ショート(買、空売)が可能なのがビットフライヤーの魅力の1つです。上げ、下げどちらでも利益を上げることが可能です。
ポジションを持った際の売却方法ですが、ビットフライヤーは、買いポジションと売りポジションの両建ては出来ないので、同じ枚数の反対売買で決済が可能です。

bitFlyer Lghtningは使いやすく、ビットコインの売買が簡単なツールですので、ビットコインFXにはおすすめです。

 

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

 

ビットコイン、仮想通貨の経験談、詳細

 

僕が仮想通貨を始めたのは丁度半年前のことです。テレビニュースやネットでの大きく取り上げられていました。最初は半信半疑で興味はあるが手を出すまでではございませんでした。しかし、僕がこの仮想通貨に手を出したきっかけとなったのは、友達に紹介をされたからです。それまでは、ネットで調べてはいるものの中々手を出せずにいました。それはやり方だったり、リスクを考えてでした。しかし、友達が取引をしていることから、僕でも出来るだろうと自身が付きました。そこからの行動は早かったです。当時、表沙汰になっていなかった「ビットフライヤー」で仮想通貨の取引を開始しました。携帯のアプリで出来る簡単な取引です。誰にでも出来ると思います。10分程度あれば登録ができるので簡単です。また、僕が行っていた時期がよく、ビットコインがかなり上昇している時期でした。その為、購入をしたらとりあえず、利益になる状態でした。現在ではイーサリアムが良いみたいですが、色々と通貨が有りますので楽しんで出来ると思います。こんな無知な僕でも出来たのできっと誰にでも出来ることだと思いますので、是非、挑戦してみてはいかがでしょうか?


 

 

仮想通貨を始めるにあたり、お金のやり取りで安心安全な取引所が良いと感じていましたので、一番最初に開設した取引所はビットフライヤーでした。

 

写真付きの身分証明書がなくても取引出来るというのも魅力でしたので、最初はビットフライヤーが取り扱っているコインの銘柄で取引をしていました。

 

だんだんと慣れてくると、取り扱っているアルトコインの種類が少ないという事に気付き、海外の取引所で取引量世界一のバイナンスでのアカウントを開設して、そこで取引を行っています。

 

バイナンスは2bitまでの送付だと本人確認の必要がないので、とても簡単に取引を始められる事が魅力的でした。

 

取引にはビットコインやイーサリアムが必要となり、バイナンスに送付して取引をしなければならない為、結果的にビットフライヤーを開設した事も良かったのだと思いました。

 

ビットコインは2018年に入って様々な国が規制をするようになり、大幅な下落を繰り返していますが、これは今年を象徴していると感じました。

 

今までが緩かった分、これから規制をしていって整備されていけば価格も安定していきますので、このような乱高下も一時的なものだと考えていますが、高騰している時に始めた方にとっては今の相場はとても苦しいものとなっているのではと感じます。

 

不安定な市場ですので、年単位という長いスパンで考えるか、短期取引するのなら下がった時に買い、暴騰した時に売るを繰り返して利益を伸ばしていくように自分なりの投資のスタンスを考える事が大切になっていきます。


 

ビットコインや仮想通貨を始める前に

 

 

今注目されている仮想通貨ですが、いくつかのメリット、デメリットがあります。まず仮想通貨のメリットとして、大きく儲かる可能性があり、投資の一つとして考えることが出来るというメリットがあります。

 

仮想通貨は値動きの幅が広いので、持ち続けているだけでも大きく利益を得ることが出来る可能性が高いです。工夫次第でかなり稼げる可能性を秘めているというのが大きな魅力です。

 

また、仮想通貨は、使えるところが最近でも増えてきているというのが大きなメリットです。仮想通貨のビットコインなどに対応をしている企業も増えてきましたので、それだけ使えるサービスなども今後増えていく可能性があります。

 

しかし、仮想通貨は値動きの幅が広いため、それだけハイリスクであるというのが大きなデメリットです。場合によっては暴落してしまう可能性もありますし、国が通貨として認めていない以上、無価値になってしまう可能性もありますので、注意をする必要があります。